SAITAMA Smile Women ピッチ 2018 開催結果

SAITAMA Smile Women ピッチ 2018

日時

2018年11月10日(土)12:00~16:40

会場

大宮ソニックシティビル イベント広場ステージ/第2展示場ステージ
(埼玉県さいたま市大宮区桜木町1-7-5)

プログラム

12:00~12:30

起業女子のここだけトーク

会場
イベント広場ステージ

パネリスト
株式会社grain grain 代表取締役 鈴木 美緒 氏
株式会社アイエフラッシュ 代表取締役 南 まゆ子 氏
PDX COORDINATOR, LLC  代表 山本弥生 氏

ファシリテーター
株式会社キャリア・マム 代表取締役 堤 香苗 氏

12:40~13:10

特別講演 『保育者の笑顔を求めて~「あったらいいな」に応えるために』

会場
第2展示場ステージ

講師
株式会社コマーム 代表取締役 小松 君恵 氏

13:15~

ファイナリストによるプレゼンテーション

15:15

女性起業家PRタイム

16:10

審査結果発表・総評

審査結果

最優秀賞(ベンチャー部門)・オーディエンス賞

有限会社福祉ネットワークさくら 横山 由紀子 氏

横山 由紀子 氏 (有限会社福祉ネットワークさくら)

障がい者の「働くチカラ」発掘事業~誰もが社会でいきいきと働くためのフィールドづくり~

軽度の障害を持つ中高生に特化した、放課後等に利用できる就労トレーニング型のデイサービスを提供する。

中高生の時に「時計の読み方」「敬語の使い方」「身だしなみ」などの社会的ルールを身に着けることにより、一般企業への就職を可能にする。

最優秀賞(ビジネスアイディア部門)

田中 美奈子 氏

田中 美奈子 氏

“もしも”のときも “いつも”一緒ウエストポーチ型抱っこひも

子どもを守りたいという思いから、災害時も、普段使いもできるウエストポーチ型の抱っこひもを考案。
普段は抱っこひもとして利用でき、おむつ替えシートや子ども用の雨具を内蔵。

また、災害時は、内蔵されているエマージェンシーブランケット+防災頭巾等で子どもを守りながら避難する際に活躍。

優秀賞(ベンチャー部門)

Nail Le Braille 佐藤 優子 氏

佐藤 優子氏 (Nail Le Braille)

視覚障がい者のオシャレを応援する出張型ネイルサロン

視覚障がいがあってもネイルのお洒落をしたいというニーズに応えるため、視覚障がい者に特化したネイルサロンを開設。サロンに通う不便さを解消するため、自宅や施設に出張などを行う。

また、メンズ対応サロンにし、ネイルケアも行っている。

優秀賞(ビジネスアイディア部門)

渡邊 百合枝 氏

渡邊 百合枝 氏

“がんでも『まるっと』サポートします!エンパワーナースコーチング”

看護師として働いていた経験を活かし、がんなどに罹患した女性を対象とした、病気の悩みから人生の課題までトータルサポートを行うカウンセリング、コーチング等を行う。

育児などで病院勤務が難しい看護師の活躍の場となる。

奨励賞(ベンチャー部門)

有限会社スマイルサービス 松原 律子 氏

松原 律子氏 (有限会社スマイルサービス

地元の埼玉県産米『彩のきずな』を使ったレトルト商品「そのまま食べられる玄米リゾット」の開発

5年前の大雪で、自身が経営する老人福祉施設へ給食センターからの食事が止まってしまった経験から、災害時でも「温めなくてもそのまま食べられる具だくさんでおいしい商品」を開発したいと思い、レトルト加工食品の開発・販売を行う。

「彩のきずな」を原材料として使用し、地産地消にも貢献している。

奨励賞(ビジネスアイディア部門)

馬場 葵 氏

馬場 葵氏

誰かの人生に寄り道しよう。 人生設計セミナー「YORIMICHi」

多様な人生観、職業観がうまれはじめている現代社会に、学生を対象とした「自分の人生を考えるきっかけをつくるセミナー」を企画・運営。

講師歴のない、実際に日々社会で活躍している社会人を自身の人脈を活用してキャスティング。学生達に 人生について考えてもらう機会を増やす。

アイエフラッシュ賞

Codience 大石 懐子 氏

大石 懐子 氏 (codience)

個性や障がいを活かせるプログラミング教育メニューの提供~誰もがプログラミングの出来る世の中を目指して~

以前勤めていた人材派遣会社で、「学歴はあるが、仕事ができない若者」を多く目の当たりにし、全ての子どもたちを「社会に貢献できる大人に」したいとの思いから、今後、需要が拡大するプログラミングについての小学生・中学生向け教室を開催。

就労に苦労することが多い障害者向けの教室も開催していく。

grain grain 賞

Kanadel  大門 みづき氏

大門 みづき 氏 (kanadel)

“妊活・不妊治療・出産・子育て・介護要員などなど、どんな環境になっても女性が精神的、経済的に自立できる仕組みづくりを!”

「どんな環境になっても、女性が精神的、経済的に自立できる仕組みづくり」を、商品、コンサルティング両面からサポートする。

自身の子育ての経験から、抱っこ紐に着眼し、多機能だっこカバン(抱っこ紐、おむつ替えシート内蔵、トートバックとして)を開発し販売する。

サポーター賞

SAITAMA Smile Women ピッチ 2018

上原 唯 氏、原山 明日美 氏

横山氏サポーター